長野県のエリア別山岳ガイドINDEX

小串山  東峰標高点1760.0m  西峰標高点1770.0m (嬬恋村)
小串山
毛無峠から小串山と鉱山跡地を展望 onMouse小串鉱山跡地から小串山を展望

小串硫黄鉱山の最盛期には2000人を超える人々が暮らしていました。
 毛無峠から鉱山跡地周辺には木々が少なく、地面がむき出しの荒涼としています。明治時代までは原生林が茂っていましたが、 1916年(大正5年)から硫黄採掘が始まって硫黄精錬の燃料に樹木を伐採したことと、精錬時に発生する亜硫酸ガスが吹き付けられて樹木が枯れてしまったことが原因と思われます。

"小串"という名称は、「元禄上野国絵図(元禄9年)」により"おくしが嶽"と呼ばれていました。古くは万治2年の古文書に"うくし嶽"も登場していますが、 そもそも昔は人跡未踏の山域は大ざっぱに呼ぶしかなく、現在の毛無山から万座山あたりまでの広い範囲を指していたようです。

硫黄色のスライム水小串池&小串山2018年9月6日
未踏の秘峰小串鉱山跡2018年8月10日  双耳峰踏頂■8月15日


1/25,000地形図

毛無峠コース行程
毛無峠登山口:1823m
    0.0km
六千尺地蔵:1650m
    0.0km
鉱山最低鞍部:1550m
    0.0km
東峰ピーク:1760m
    0.0km
稜線鞍部:1720m
    0.0km
西峰ピーク:1770m

■登山口と山頂までの標高差:約 -50m
■登山口から山頂までの距離:約0000m

■駐車地:毛無峠登山口に余裕
■トイレ:特になし
Mapionアクセス概略図 (CLICK UP)



Color of the season■〇〇〇


トレッキングガイド
立ち寄り処■〇〇〇〇〇


〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

長野県の山岳一覧

信州山岳ガイドホーム